ヨガの歴史について

ヨガの歴史について

ヨガの歴史は諸説ありますがインダス文明の中に起源があったと言われています。
約5000年ほど前から様々なポーズを取った像や神像が発見され、壁画が描かれていたのです。
その後の歴史で【ヨガ】というキーワードが発見されたのは「ウパニシャット」という古典です。
ですが内容は知覚と思考を用いて器官抑制や心理的な部分を描写する内容でした。
 
次に、歴史の中では『ヨーガ・スートラ』というヨーガ学派の教典に”ヨーガとは心の働きを抑制することである”という定義が記されていました。成立はウパニシャットから時がかなり経過した紀元後4-5世紀頃の教典の内容です。
 
上記の定義に基づき、精神的な強さを得るために鍛える瞑想を重んじる為『ラージャ・スートラ』と呼ばれヨガの王道と言われています。
 
ヨーガ・スートラの中では8階梯にヨーガの考え方がまとめられています。
1禁戒(ヤマ)やってはいけないことを守る(暴力、窃盗をしない。嘘をつかない。貞操を守る)
2勧戒(ニヤマ)勧められること、苦行、学業、清潔、足るを知る
3坐法(アーサナ)正しい姿勢をとる 
4プラーナヤーマ 調息 呼吸法でプラーナ(気)を取り入れる 
5プラティーヤーハーラ 制感 外側に向けていた感覚を内側に向ける
6ダーラナー 疑念、意識を対象に集中する
7ディヤーナー(ディヤーン)観想 意識が対象から流出し拡大する。禅(ゼン)と言う言葉はディヤーンから来ています。
8サマーディ(三昧)意識が対象と一致する

この階梯が現代のヨガにも通じています。

 川崎でヨガならYOGA studio OJAS

 

新着ページ